早めの治療

包茎は直さなくても良い場合もありますが、注意すべき点が多いため治療を進める医療機関が多くなっています。
自分自身だけでなくパートナーにも悪影響をおよぼすことがあるため、包茎を治すことが大事になってき

二つの種類

包茎の治療には手術と矯正の二種類があります。
それぞれに特徴があり、自分で選ぶことが出来ます。
病院や専門のクリニックで一番適切な方法を探すことも出来ます。

包茎の治療法として一番有名なものは手術です。
専門のクリニックだけでなく、美容クリニックや一般の病院でも受けることが出来ます。
余分な皮を取り除く作業になるた

タイミング

最近では子供の包茎に悩む母親も多いです。
しかし子供は身体的に未発達なため、あやふやな処置をするとかえって危険なこともあります。
しっかりとタイミングを見計らい、適切な処置が必要になります。
以前は子供の包茎は問題視されることは少なかったのですが、母親たちの間では子供の包茎も早く治療するべきという風潮が広まり、今の状況を作っていると言われています。
無理に治そうとすれば深刻な問題につながります。それを防止するため、正しい知識が必要になります。

子供は亀頭や尿道口を老廃物や外的な刺激から守るために包茎になっていて、生理的包茎と言われています。
この内のほとんどは仮性包茎に区分されており、真性包茎は小学校低学年では40%ほどと言われています。
いずれは思春期を迎える頃までは自然と剥がれると言われており、10歳までの子供の包茎は、特別な症状が見られない限りそのままで良いとされています。

それ以降であれば安全に処置することもできます。
もしそれ以前に特別な症状が出た場合には病院にいき、手術を行なう必要があります。